白内障予防サプリランキング!ルテインがおすすめ!

白内障予防サプリランキングルテインおすすめ

白内障は眼の中の水晶体が濁ってしまう病気で、加齢とともに発生する率が高くなります。失明することはないですが、一度なってしまうと薬で治すことはできず手術になります。しかし発症する前に予防したり、初期の段階で処置をすることで症状は軽減されます。遺伝もありますが紫外線を多く浴びない、血糖値をあげない、禁煙するなどで症状の進行は遅らせる事が出来ます。

 

その中でも酸化を防ぐということで、ルテインやアントシアニン、ビタミンCを積極的に摂ることがとても効果的と言われています。特にルテインは目のサプリメントとして注目されています。

 

めなりの特徴

緑黄色野菜に多く含まれているルテインは白内障に原因のひとつでもある紫外線からのブロックにとても重要な成分なのですが、40代から急に減少してしまいます。それを補うために天然ルテインを14.4rと高配合。しかもビルベリーと同時摂取することでアントシアニンとルテインの吸収率を高め、より効果的とされます。厳選された原料を安全な国内工場で製造しており、一粒一粒厳しい目でチェックされているので安心して摂取する事が出来ます。新素材のクロセチンとの配合で還元力も高まり、飲み続けることでぼやけたピントがクリアになったり、眼の疲れが和らいだりと嬉しいお言葉もたくさんあります。

価格 907円
評価 評価5
備考 天然ルテイン14.4rの高配合

 

一望百景の特徴

高い抗酸化作用をもつルテインは食品だけでは摂りにくい成分です。そんなルテインが手軽に1日1粒で20r摂れるのが、こちらの一望百景です。ルテインは吸収のよい天然フリー体ルテインを採用。相乗効果のあるゼアキサンチンも一緒に入っているのでさらに効果的です。アントシアニンは沖縄の希少な紅芋由来のものを配合。白内障などの眼病予防や、ピント調節機能回復におすすめのサプリメントです。

価格 1,800円
評価 評価4
備考 ルテイン20r配合

 

めばえの特徴

ルテインは天然のサングラスとも呼ばれ、ブルーライトなどの光刺激から目を守ってくれます。また、白内障など加齢による目の病気を予防・改善する効果があります。一般的には1日6r以上の摂取、病気予防のためには10r程度、すでに症状を感じている方には20r程度の摂取がおすすめです。めばえは、そんなルテインが1日1粒で20r摂れるサプリメントです。ルテインはコントラスト感度の改善にも

価格 1,642円
評価 評価3
備考 ルテイン20r配合

 

白内障手術はどうする?

 

白内障の治療にはどのような方法があるかというと、点眼薬や飲み薬が一般的に用いられることが多いです。しかしながら、これらはごく初期の白内障を除き、水晶体の混濁を透明にするほどの効果はありません。基本的には進行を遅らせる程度の効果で、しかも毎日使い続けなければならないものです。

 

このように薬の効果が不十分なため、白内障を完全に治療しようと思うと現在は手術療法を中心に行うようになっています。この手術では、まず混濁した水晶体を取り除きます。現在では、95%以上の人に「超音波白内障乳化吸引術」と呼ばれる方法が用いられています。

 

これは、数ミリの穴から器具を挿入して、器具から超音波を出して水晶体をシャーベット状に砕いて吸い出す方法で混濁した水晶体を除去します。このとき、水晶体を包んでいる袋(水晶体嚢)の後方部分(水晶体後嚢)を残しておきます。このように混濁した水晶体を取り除いても、それで視力が回復するわけではありません。

 

水晶体というレンズがなくなってしまうために、網膜にピントが合わなくなってしまっているからです。そこで白内障手術においては、このように混濁した水晶体を取り除いたあとに、直ちに残しておいた水晶体後嚢の袋の中に人工レンズ(眼内レンズ)を挿入することによって手術直後から視力が改善するように施術しています。

 

この眼内レンズには、二本の腕のようなバネがついており、これを使って後嚢の袋の中心に固定されます。この治療の際に、器具を入れた穴は小さいので傷を縫わなくて済むことがほとんどですのでそれほど肉体への負担はありません。また、重症の白内障の方を除けば、点眼麻酔で手術できる場合が多いです。

 

点眼麻酔は最初の点眼のときに沁みる感じがする人もいますが、2回目からは次第に痛みを感じないという人が多いので心配ありません。小さな子供の先天白内障や、認知症などがあって手術時に我慢ができない人に対しては、体が動かないように全身麻酔で手術を行う場合もあるようです。

 

手術が終われば、しばらく眼帯をして、局所麻酔の場合は車椅子を使って病室へ戻ります。術後の痛みはほとんどないとされており、あっても少し違和感があったりチクチクする程度のものです。

 

そして手術翌日の朝からは眼帯をはずし、「当て金」といわれる穴の開いた金属板を目を保護する為に使います。穴が開いているので、それを通してものを見ることも自由にできます。当て金は退院後、最初の外来診察時まで使って、医師と相談の上で外すようになります。

 

遺伝と白内障

 

 

両親や祖父母、近い親戚などが加齢性白内障を患ったのを見たときに、自分にも遺伝しているのではないかと心配する人もいるそうですが、あまり気にする必要はありません。その名のとおり、加齢性白内障というのは、加齢による老化現象によって起こる白内障です。

 

この加齢性白内障が発症しやすい体質かどうかは、遺伝の影響もあるとは考えられています。しかしこれは、親が白髪になるのが割りと早ければ、その子供も若白髪が多いというのと同じようなものです。ただ、このような体質に関わる弱い遺伝は、子供には現れないケースも多く、反対に何世代も後になってから、突然出てくることもあります。

 

正確な病気の遺伝するメカニズムは、まだはっきりとは解明されていません。ですから、遺伝のことを心配する以前に、加齢性白内障は年をとれば誰にでも起こるものですから、いずれは自分も白内障になると捉え、予防や早期発見に努めた方が良いでしょう。

 

しかし、白内障の種類の中には、遺伝することが明確に知られているものもあります。それは「先天性白内障」というもので、生まれつき水晶体に濁りがあって、出生直後や乳幼児期、学童期、思春期などに発症する白内障の種類です。先天性白内障の原因はいくつか考えられていますが、遺伝もそのひとつ。先天性白内障の20〜30%はこの遺伝による原因だと言われています。

 

家族の中に先天性白内障の人がいる場合は、子どもの生後はすぐに眼科を受診させるようにしたほうが良いと考えられます。また、その他の先天性白内障になる原因としては、妊娠中の母親が風疹にかかった場合が考えられます。そのようなケースで、生まれてきた赤ちゃんが先天性白内障を発症する可能性があることがわかっています。

 

誤解されやすいのですが、水晶体のごく軽い濁りは、ほとんどの人が生まれつきに抱えているもので、遺伝が原因で先天性白内障が進行するケースはあまりありません。しかしながら、時折急激に濁りがひどくなるケースもあって、そういった場合にはすぐに手術を行う必要があります。

 

乳児期からの強い白内障を放置した場合、「弱視」になってしまって、後で手術をしても視力が回復しないこともあるからです。特に水晶体全体が白く濁る「全白内障」の場合は要注意です。この時は、可能な限り早い時期、遅くても生後1〜2ヶ月以内に手術を受けるようにしなければなりません。

 

白内障と活性酸素

 

人は加齢にしたがって体の機能が衰えだし、その影響で病気を発症することがどうしても避けられません。その中のひとつが老人性白内障で、老眼とは別の症状です。白内障というのは、目の中でレンズの役割をしている水晶体が、年月とともに少しずつ白濁していく症状を見せる病気です。

 

加齢にしたがってシミやしわが出たり、髪の毛も薄くなって白髪になったり、これと同じく目も水晶体が次第に濁っていって白内障になるのです。ですから、自然な現象といえば自然な現象で、実際80歳くらいになればほぼ全員にこの症状はみられると言われています。
しかし、その症状は他の老化現象と同じく個人差があって、全然見えない人からちょっと視力が下がったという程度の人まで様々です。目の仕組みについて少し紹介しますと、眼球を通して入ってきた光は、水晶体というレンズを通して目の奥にある網膜で受け止められます。

 

網膜はカメラに例えるとフィルムの役割を果たし、網膜の視神経で映像として光を捉えます。この時、レンズである水晶体に濁りが生じると、光の屈折に異常が生じてしまってピントが網膜に合わせられなくなり、それによって正確にものが見えなくなったり、ピントがぼやけた状態に陥ります。この状態からさらに進行すると、水晶体全体が白く濁って視力が失われてしまい、失明にまで至るようになります。

 

人間は目を通して見るという行為を行いますから、目は常に光にさらされていると言うこともできます。そう考えると、屋外にいるときは、いつも紫外線にさらされているということも言うことができるでしょう。紫外線を浴びると、紫外線の影響で体内では活性酸素が発生するようになります。

 

ですから、目は常に紫外線による活性酸素の危険にさらされていると言えるでしょう。しかも困ったことに、この時に出来る活性酸素は「一重項酸素」といってとても悪質なもので、皮膚ガンを引き起こす可能性もある活性酸素なのです。水晶体の成分にはビタミンCが多く含まれていて、ビタミンCは活性酸素を除去する抗酸化力を備えています。

 

また眼球にはもともと不飽和脂肪酸という酸化しやすい脂肪が多くあり、活性酸素によって酸化されてしまった場合には過酸化脂質へと変化します。この酸化されるのを防ぐための酵素が元来眼球には備わっているため、そうそう酸化することはないようになっています。

 

しかし、加齢にしたがってビタミンCが不足するようになると、抗酸化酵素をつくる能力が衰え減少し始めます。このため、活性酸素によって細胞が破壊され、白内障が起こってしまうこともあるのです。白内障は、歳を重ねる中で誰もが罹る病気ですので、完全に防ぐことは出来ません。

 

ですが白内障にならないように、少しでも発症を先に延ばすための予防策は可能です。その具体的な方法としては、まず直射日光を避けることです。先述のとおり、紫外線が活性酸素を増やし、白内障の要因を作ってしまいますので、可能な限り紫外線を直接浴びないように注意をしていきましょう。

 

また、抗酸化力を高めるために、ビタミンA、C、Eなどの栄養素を意識的に摂取するようにして、水晶体が酸化しないように気をつけましょう。老化予防にも効果があります。こうした努力をしながら、ぜひ一生ものの目を守っていきましょう。

 

白内障の予防に良いサプリとは?おすすめはルテイン!

更新履歴